トップページ > おすすめスポット

おすすめスポット

みちのく伊達政宗歴史館みちのく伊達政宗歴史館 (このすぐ裏に松島さかな市場がございます)

〒 981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂13-13
TEL : 022-354-4131  FAX : 022-353-4329

館内に一歩入ると、まるで江戸時代・戦国時代にタイムスリップしたよう。鎧や衣装など当時の物を特注品で再現し、人毛や義歯を使うなど、詳細にまでこだわって作られた展示物に圧倒される。伊達政宗公の魅力あふれる感動的な生涯が蝋人形によって解かりやすく再現されており、見ごたえたっぷり。

 


 

五大堂五大堂(瑞巌寺)

〒 981-0213 宮城県宮城郡松島町松島
TEL : 022-354-2023

日本三景に数えられる松島のシンボルともなっているのが五大堂。807(大同2)年、坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立し創建。その後、慈覚大師が後の瑞巌寺となる延福禅寺を開いた際に、五大明王を安置したことから五大堂と呼ばれるようになった。現在の建物は、伊達政宗が紀州から工匠を招いて修復再建。東北地方最古の桃山建築として、国の重要文化財にも指定されている。芭蕉も『奥の細道』途中に参詣。

 


 

瑞巌寺瑞巌寺

〒 981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字町内91
TEL : 022-354-2023  FAX : 022-354-5145

瑞巌寺は正式名称を松島青龍山瑞巌円福寺といい、臨済宗妙心寺派の古刹。創建は828(天長5)年で、1604(慶長9)年に伊達政宗により修復再建された。その後も伊達家の厚い庇護を受け菩提寺ともなっている。1604(慶長14)年に造営された本堂の内部は禅宗方丈様式に武家邸宅の書院を備え、庫裡とともに国宝に指定されている。また総門、中門などは重要文化財。芭蕉も『奥の細道』途中に参詣している。

 


 

塩竃神社塩竃神社

〒 985-8510 宮城県塩竃市一森山1-1
TEL : 022-367-1611  FAX : 022-365-5530

鹽竃(しおがま)神社は創建1200年の歴史を誇る古社。陸奥国一の宮として、海上安全、大漁、延命長寿、安産守護の神として信仰されてきた。現在の朱漆塗入母屋造り銅板葺きの社殿は、元禄年間に伊達家により造営されたもの。宝物館に展示される刀剣「来国光」は、4代藩主伊達綱村が、徳川家光より拝領し、奉納したもので、国の重要文化財。『奥の細道』の途中、芭蕉も長い石段を上り社殿に参拝している。

 


 

マリンピア松島水族館マリンピア松島水族館

〒 981-0213 宮城県宮城郡松島町松島浪打浜16
TEL : 022-354-2020  FAX : 022-354-5304

日本三景のひとつ松島に位置する水族館。日本で最も古くからある水族館で、館内では300種4000点の海の生物が飼育されている。おすすめはペンギンランド。日本最多種の7種80羽はそれぞれ特徴があって見ごたえも十分。通称パンダイルカと呼ばれるイロワケイルカ、貝を割る姿がかわいいラッコや愉快なアシカショーも人気を博している。「ペンギン給餌体験」「裏方ガイドツアー」など海の動物たちと触れ合えるイベントも開催。

 


 

松島湾観光汽船松島湾観光汽船

〒 985-0016 宮城県塩竃市港町1-4-1
TEL : 022-366-5111  

松島遊覧船は、大小260の島々が浮かぶ松島湾の島々を縫うように進み、日本三景の美しさを堪能できる。その形が座した仁王に見えることから名付けられた仁王島や、穴のあいた島に打ち寄せる波が鐘の音に聞こえる鐘島は、島巡りのシンボル。所要50分〜1時間50分の5コースがあり、塩釜港と松島港から出航。塩釜港から松島港への航路は『奥の細道』で芭蕉もたどった道。

 


 

丸文松島汽船丸文松島汽船

〒 985-0016 宮城県塩釜市港町1-4-1
TEL : 022-365-3611  FAX : 022-365-3509

日本三景の一つとして名高い松島、仙台市の東北方の松島湾一帯をそう呼ぶ。260余りの大小の島々は、灰白色の岩の頭に黒松、赤松をのせた趣のあるたたずまいで昔から芭蕉をはじめとする幾多の文人に賞される。松島の景観は、湾内をめぐる遊覧船からが、もっとも美しいといわれており、変化に富んだ島々を観賞できる。

 松島さかな市場のページの先頭へ